宇陀市森林組合ブログ

カテゴリ:活動報告 日付:2012年03月06日

平成24年 間伐講習会実施報告

 
   間伐講習会 平成24年 2月25日(土)
   
   主催 宇陀市森林組合、宇陀林業振興協議会
   後援 奈良県東部農林事務所、宇陀市、曽爾村、御杖村
 開催場所 宇陀市榛原桧牧 宇陀市森林組合周辺山林


       小雨の降る中、午後1時30分より間伐講習会を実施しました。
    55名の参加者全員合羽に身を包み山へと向かいました。
    現地では、主催者挨拶の後、間伐の基本、切る木と残す木の選木の仕方を学びました。
    伐倒に必要な、ロープの結び方(もやい結び)結び目に力がかかって締っても必ず解ける結び方
    の練習をする。               
    初心者と少しは経験のある2班に分かれ、初心者は基本を繰り返し練習する。
    経験者は間伐の基本的な勉強を実施をした後、登山用のカラビナとロープを使いかかり木の処理
    方法を学びました。 
        

                 間 伐 の 目 安

 
1. 間伐は、樹の占有空間を人為的に調整して樹々の競争を緩和させ、樹木の形質と成長をより望ましい   
  状態に制御する技術である。
 
2. 今回の講習会現地は、長期に渡り手入れされず放置状態にある森林を講習会場に設定して行います。
  放置された森林の間伐の進め方  (整理伐)。
 
1 現場の下刈をする  後の作業がし易く安全である。
2 形質の悪い木に印をつける。
3 印を付けた形質の悪い木を切る。 山林の上部の方から、(ほんき)末を山の上の方に向けて伐る。
    被圧木・病虫害木・損傷木・倒傾木・曲又木・暴れ木
  幹の形質や樹勢に欠点があり、もはや育成の価値が無いもの。
4 極端に所空きする場所には、 場塞ぎとして木を残す(アテ材を作らない)
5 良い木同士が斜面の上下にあり、迷うときは上の方を切る。                                          
6 暴領の木を伐る。  

          
              宇陀市森林組合の間伐の目安方程式
1.  山林の現状を把握する。
      おおまかに密度を掴む。
生産目標により間伐の方法を考慮する。
杉.桧.尾根筋.谷筋.山の向き等を考慮する。
  
2.    形状の悪い木を切る。
 
3.  プロットの平均胸高直径を求める。
 
4.  間伐の目安方程式により密度管理
{胸高直径(cm)×10倍}+ 1m(定数)= 樹間距離
この樹間距離を目安にすると健全な森林ができる。
           例 胸高直径(20cm)×10倍(定数)=200cm(2m)+1m(定数)=3m
        胸高直径(20cm)の木と木間隔(樹間距離)=3m位必要


   
 
          間 伐 実 習
                     
                      
       
 
 ▲ 受付
                   
                    ▲主催者挨拶  間伐の全体説明
  
▲伐る木 残す木の選別実習                  
     
                 
                 ▲もやい結びの実習(結び目が締っても解ける結び方)
 
 
 ▲伐り方の基本指導

                    
                      ▲伐倒の指導
  

            
            ▲登山用のカラビナとロープを使ったかかり木処理方法

             適当な立ち木に台付けロープを取り付け、アイ部分にカラビナをつける。

             かかり木の樹高半分位にロープをかけ、ロープの途中に巻き結びで支点を
              つくりカラビナを取り付ける。

             台付けロープのカラビナと、ロープ途中の巻き結びのカラビナの間に、
                ロープを通します。

            ぁー囲の状況を、判断しながらロープを引くと、動滑車を1コ使った時と同
              じように2分の1の力で仕事ができます。

                                 
              
                       
▲ ロープ途中につける、巻き結び
 
   
   ▲立ち木に取り付けた、台付けロープとカラビナ

                  
                     ▲間伐前(選木印付け) 
        
  
 ▲間伐前のクローネ
 
  
                        ▲間伐後のクローネ

 
  
  ▲間伐後
 
 
             ▲間伐後の検証


    ● 小雨まじりの間伐講習会でしたが、受講者全員熱心に受講され今度は何時開催されるのかと
      大変好評を得ました。
      次回の開催は早くからホームページのブログでお知らする約束をして無事講習会を終了しま
          した。
          講習会開催にあたり後援いただきました各位に厚く御礼申し上げます。
 
 

カテゴリ:活動報告 日付:2011年09月12日

住まい&暮らし フェア 参加報告


  
 第5回「住まい&暮らしフェア」奈良新聞社主催 参加報告  
  
                               ▼ チラシ
                       
  ▼ チラシ                            


                        
                         ▲組合ブースで熱圧サンプルを見るお客さん
  
 
  ▲ アンケートに答えるお客さん

 第5回 住まい&暮らしフェア
  9月10日(土)〜11日(日)に亘り イオンモール橿原アルルで開催
  「地球に、そして人にやさしい]安心の住まい・暮らしをテーマとしたイベントを開催
  宇陀市森林組合の「うだウッド」は熱と圧力だけで表面を硬く仕上げ、スギ本来の柔らかさ、温かさ
  を残し傷がつきにくく光沢があるとサンプルを手に取り納得していただきました。
  床のほか壁、天井にも適材であり、また厚さ3僂「うだウッド」床材は保温効果も高いとの説明
  にお客様は興味津々でした。
  宇陀産材や奈良県産材を使い、原木から宇陀市森林組合が一貫生産して化学薬品を一切使わないので
  シックハウスの心配も無用ですと説明。
  多くのお客様が「熱圧材や圧密材」に興味を示され、熱心に説明を聞きアンケートに答えていただき  
  ました。貴重な多くのご意見を新製品の開発に生かし、皆様のご希望にお応えできるよう、尚いっそ
  う努力してまいります。      
  多くの方が、組合ブースに来られ熱心に説明を聞きアンケートにお答えて頂きました皆様に厚くお礼
  申しげます。
  
    

カテゴリ:活動報告 日付:2011年06月16日

施工事例

  
               
               
               △橿原市S邸に30mmの厚板の圧密うだウッド使用
                大変あたたかい感じがいいと喜ばれています。
                設計者 菅家設計室 菅家克子氏
                施工者 松塚建設株式会社

              
               
               △寝室の床に30mmの圧密うだウッドの使用 天然塗料
                塗布  源平材は時間と共になじんだ色になります。

               
               
               △階段 踊り場  
                表面の圧密加工とスギ材の柔らかさのハーモニーが良
                いと、喜ばれています。

               
               △二階の床と一階の天井が一体です。(大和天井)


               
               △ 30mmの厚板圧密材で二階の床と天井が一体です。

                うだウッドの暖かさが大変喜ばれています。
                化学薬品を一切使用しない天然無垢の圧密材ですから身体に安全です。
                うだウッドの木あじの良さを味わってください。



               

               
         

カテゴリ:活動報告 日付:2011年03月22日

東北関東大震災お見舞い

 
  ▲ にわか作りの募金箱


  このたびの東北関東大震災の災害は、想像を絶するものがあり、時が経つにつれ判明する各地の
 被害の甚大さに心が痛みます。
  亡くなられた多くの皆様に組合員一同、心よりお悔やみ申し上げます。
  宇陀市森林組合としまして少しでもお役に立てるように、まず義援金の募金箱を設置しました。
 組合員の皆様、少しでも結構です。義援金の募金をお願い申し上げます。
 組合木材加工工場では、被災地で必要になる材木の生産に全力を尽くします。
  被災された皆様には、一日も早い復旧を心からお祈りいたします。
   
 

カテゴリ:活動報告 日付:2011年03月18日

間伐講習会報告new

  
  2月26日晴天めぐまれ56名の参加者とともに間伐講習会を行いました。
 まず、下刈とプロットの設定の下準備のできた森林で、グループに分かれ間伐する木の選木を行い
 選木後伐採の指導を受け、我と思わん者は伐採を体験しました。
 今回の設定は20年以上放置された森林であったため,変則的な間伐になりましたが間伐前と後の違い 
 を体験して頂きました。
 どれ位、間伐すれば良いか知りたいと言う参加者が多くいましたので、宇陀市森林組合の間伐の目安を  
 指導しました。

   
               間     伐
 
1. 間伐は、樹の占有空間を人為的に調整して樹々の競争を緩和させ、樹木の形質と成長をより望ましい状態に制御する技術である。
 
1. 今回の講習会現地は、長期に渡り手入れされず放置状態にある森林を講習会場に設定して行います。
 
放置された森林の間伐の進め方  (整理伐)
 
1 現場の下刈をする  後の作業がし易く安全である
2 形質の悪い木に印をつける
3 印を付けた形質の悪い木を切る。 山林の上部の方から(ほんき)に伐る
被圧木・病虫害木・損傷木・倒傾木・曲又木・暴れ木
  幹の形質や樹勢に欠点があり、もはや育成の価値が無いもの
4 極端に所空きする場所には、 場塞ぎとして木を残す(アテ材を作らない)
5 鹿の好きな木を少しは残してやる
6 暴領の木を伐る
 
宇陀市森林組合の間伐の目安方程式
1.  山林の現状を把握する。
     おおまかに密度を掴む
生産目標により間伐の方法を考慮する。
杉.桧.尾根筋.谷筋.山の向き等を考慮する。
  
2.    形状の悪い木を切る。
 
3.  プロットの平均胸高直径を求める。
 
4.  間伐の目安方程式により密度管理
{胸高直径(cm)×10倍}+ 1m(定数)= 樹間距離
この樹間距離を目安にすると健全な森林ができる。
 
 

  


    
 ▲ 間伐前

 

  
                        
                        ▲ グループに分かれ選木


    
      ▲ 市議会議員さんも伐採の個別指導
                           
                        
                         ▲ 伐採の個別指導


  
  ▲間伐作業中

                      
                       ▲伐採

  
   ▲ 間伐後 講評中 

  全員熱心に受講され16時に無事に間伐講習会は終了しました